総合的な力とバランスのある生徒の育成

今年の春から、中学生は教科書改訂に伴う高校入試制度改革、カリキュラムの変更など、

総合的な力、合成力を問われるバランスのある生徒の育成に力が注がれます。

英語の長文読解を解きながら、その内容は「数学の二次関数を解け」という内容だったりするのです。

五科目におけるバランス感覚のある生徒が新大学入試センター試験にも強い生徒となるようです。

トップテンでは、現中1・中2、また春に新中1となる生徒を対象に

1月、2月に無料体験学習期間を設けています。

休まずに来て、塾学習を大いに体験してみてください!

電話申し込みでOKです!(TEL:082-246-6761) 

トップテンの小学部では規則正しい勉強習慣を身につけ、難題を解く喜び「あ!わかった!」を

知ってほしいです。

小学校レベルを「6」とすると、当塾では「10」レベルを解いていくので、トップテンの小学部出身者は

34年間全員国公立高校へ進学しています!

今の子は「読み取る力」「書く力」、特に「書く」という表現能力が欠けているので、

小1~小6まで必ず1行日記を書かせています。

この継続が将来の大きな力になります。

Written by トップテンゼミナール広島 塾長 重高伴吉

最新の記事
過去の記事